2020年11月28日土曜日

2人目の出産準備および誕生時における反省

先日、めでたく2人目が誕生しました。


 


おかげさまで、母子ともに健康です。


 


一人目のときも立ち会ったし、それなりに慣れているはずなので


 


二人目は余裕〜、と思っていたら、思っていたのと違いました。

 


 


ほとんどのことを忘れている。


必要なものってなんだったっけ?


二人目の出産に向けて、準備を妻とともに進めていました。


 


肌着とかはこれとこれがいる、とかボディーソープはどうしよう、とか


 


そもそも一人目のときとは季節がちがうけど、種類あるんだっけ?とか


 


このチャイルドシートのこのモードは何ヶ月から使えるんだっけ?とか


 


この抱っこひもは、何ヶ月から使えるんだっけ、とか。


 


さらには、陣痛バッグって、何いれるんだっけ?だれがどのタイミングで持っていくんだっけ?とか。


 


 


どうやってたんだっけ?


ものに関する知識は、時間がたつと忘れることもあるかもしれませんが


 


新生児のオムツ替えの仕方、沐浴の仕方、ミルクのあげかた、どれも一人目のときからやっていたはずなのに


ほぼ覚えておらず、めちゃめちゃ戸惑いました。


 


知識は忘れても、体が覚えているかな〜と甘く考えていましたが


 


そんなことなく、しっかり事前に思い出す、確認することが必要たと感じました。


こどもはどんどん大きくなるし、一人目が大きくなるのも振り返ればあっという間でした。


生まれたときって、どうだったっけ?という感じです。


 


ブログを書いていてよかった、と思う瞬間でした。


いろんな人に読んでもらうのもいいですが、


 


未来の自分への財産とするべく、まずは自分で読みたいことを書かないとね。




0 comments:

コメントを投稿