2020年11月29日日曜日

保活日記3日目~認可外保育園2~

event_note11月 29, 2020 editBy itthiatthi forumNo comments

 


さて、保活を始めたわけですが


  


www.otoko-no-ikuji.fun


 


3つ目の園の見学に行ってきました。


今回見学に行ったのも認可外保育施設



認可外保育施設とは、乳幼児を保育することを目的とする施設(いわゆる託児所)で、児童福祉法に基づく児童福祉施設として、県や中核市(高知市)の認可を受けていない保育施設の総称です。 保育者の自宅で行うもの、少人数で行うもの、訪問型の保育事業(いわゆるベビーシッター事業)も含まれます。



その中でも、企業主導型保育園と言われるところです。



企業主導型保育事業は、平成28年度に内閣府が開始した企業向けの助成制度です。 企業が従業員の働き方に応じた柔軟な保育サービスを提供するために設置する保育施設や、地域の企業が共同で設置・利用する保育施設に対し、施設の整備費及び運営費の助成を行います。



 


 


併設するクリニックが、そのクリニックで働いている人や、地域の人向けに運営している保育園でした。


どうしてその保育園に?


今回見学に行った園も、最近開園したところなんですが、


自宅からめっちゃ近い保育園です。なんと、徒歩3分ぐらい。


実際の送り迎えのことを考えるととても魅力的です。


さらに、認可外のため保育料が認可よりも安く、


家計的にも、仕事的にも大いに助かるのではないか、ということでした。


全体の感想


この保育園は、前述のとおりクリニックに併設しているんですが


実は、このクリニックにとっても大きな問題があって、なんとも胡散臭い治療をしているんです。


例えば、、「気」で治す、とか、なまものは、絶対食べない(果物も!)とか、牛乳は飲まない!とか、なんかよくわからないものを歯に詰める、とか。。。詐欺っぽい謎の医療器具もたくさん売っている、とか。。。。


そういったクリニックの治療方針が、保育園の随所にも垣間見られました。。。


ただ、そこで働いている保育士の方たちは、普通の方のようで、全体的な雰囲気や環境などはいい感じでした。


 


見学で見たほうがいいところ



  • 食事の時を見た方がいい

  • トイレを見た方がいい

  • アレルギー食対応

  • おむつの処理の仕方


 食事の時を見た方がいい

おやつの時間を見学したのですが、みんなめちゃめちゃお行儀よく食べていました。さらに、おかわりもすすんでいました。


ただ、ここもクリニックの方針ということで、牛乳は一切使わず、豆乳のみだそうです。さらに、果物などのなまものも、一切なし。


まぁ、味見をさせてもらったところ、おいしかったんですが。笑


 


トイレを見た方がいい

トイレは清潔な印象で、ちゃんと?個室になっていました。


ひろびろとして、沐浴も可能な台なども設置してありました。


アレルギー食対応

やはり、怪しげな治療をしているクリニック併設ということで、わざわざ遠くからアレルギーを持ったお子さんが通ったりしているようです。


クリニックの方針にしたがった食対応ということだそうです。


調理師さんか栄養士さんが、クリニックからやってきて、保育園で調理されるとのこと。


う~ん、なんとも言えない。笑


 


おむつの処理の仕方

保護者の持参、持ち帰りだそうです。。 


しかし、なんと!ここは着替えを何着が預けておくと、園で洗濯してくれるんです!


すばらしい!なぜかというと、洗剤にもクリニックのこだわりがあるから。笑


いいのか、悪いのか。。。


親の参加行事は?

聞きそびれましたが、そんなに多くなさそう。


地域にも開かれた保育園のお祭りはあるそう。


まとめ


というか、クリニックのうさん臭さがなぁ。。。


自宅からとても近いというのは、魅力的だし、設備や環境はいいのに、なんか残念です。


というか、結局ここも、そもそも2歳までしか見てもらえないので、なしかな~。


 


パパ向け注意

かわいい保育士さんって、思ってたよりいないぞ!笑


 


 










にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村




子育てパパランキング



0 comments:

コメントを投稿