男向けの育児情報って少なすぎない?

30代男性。はじめての子育て。育休取得予定。イクメンを目指して仕事はほどほどに趣味も頑張るブログ。趣味はオーケストラ!

陣痛タクシーに登録しました

陣痛タクシーについて書くと言ってからずいぶん時間がたちましたが

 

 

www.otoko-no-ikuji.fun

 

 

ようやく陣痛タクシーに登録しました。

 

と言っても、登録したのは妻ですが、、

 

陣痛タクシー(子育てタクシー)とは

一般社団法人全国子育てタクシー協会

「子育てタクシー」とは、一般社団法人全国子育てタクシー協会(以下、(社)全国子育てタクシー協会)主催の子育てタクシードライバー養成講座課程を修了したドライバーが専門に乗務する、お子さんやその保護者、また妊娠中の方にも優しいタクシーのことです。

陣痛タクシーは、子育てタクシーのうち

(陣痛が来たら産院へ直行)
 出産予定日や産院などを登録、荷物の運搬、病院受付をサポート 

というコースで、あらかじめ出産予定日、産院、緊急連絡先を登録しておくことで

陣痛時に妊婦への負担が少なく、研修を受けた運転手さんに送迎してくれるサービスのことです。

妊娠バッグを持ってくれたりとかが、さっとスムーズにやってもらえるということですかね。あとは夫にも連絡してくれたりするんじゃないでしょうか。

 

里帰り出産をしない我が家では、私が仕事などの時に陣痛が始まった場合

とても役にたちそうなサービスです。

 

ということで、妻が登録してみたのですが、タクシー会社からは

 

まだ研修をうけた運転手も少なく、タクシー会社の事業所から自宅も遠いので

かえって時間がかかるかもしれません。救急車を呼んだ方がいいかもしれませんよ。

 

と言われたそうです。

 

複数のタクシー会社に登録したのですが、どこもそんな感じだったそうです。

 

まだまだサービスの利用者が少なくて、たくさん用意するほどタクシー会社も

準備できていないのでしょう。

 

陣痛時以外にもこどもの送り迎えなど(お金さえあれば)役立ちそうなコースもあるので

子育てタクシーにも充実していってほしいです。

 

ひとまずは、妻がひとりのときに陣痛がおきませんように。

 

奥さんが里帰りしている家庭でも、意外とご両親がいないときに陣痛がおきるパターンもあるそうなので

 

とりあえずでも登録しておいていいかもしれませんね~。

 

利用しやすいかどうかは、住んでいる地域やタクシー会社との距離によりそうですが。

 

うちの場合は、すぐに車を運転できるように、引き続き禁酒です。笑

 

にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村


プレパパランキング