ラベル 育休 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 育休 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年12月10日木曜日

取得してわかった男性育休の5つのメリットと大きな反省

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

第二子が誕生してから一ヶ月の育休を取得しました。


 


育休中は毎日更新するつもりが、第二子はもちろん第一子(1歳)の育児や家事に追われ、ブログもほとんど書けないほど疲れ果てていましたが


ようやく、育休を取得しての感想をまとめてみたいと思います。


メリット


毎日じっくりこどもに関われる


仕事をしていると、毎日こどもと触れ合える時間はどうしても限られます。


ミルクをあげる、おむつ替え、抱っこの仕方まで、この時期もこどもの成長はすごいので、最適な方法は毎日変わると言っても過言ではありません。


仕事をしながら限られた時間でこれらに適応していくことは、困難です。


きっと、奥さんに「そうじゃない!」と怒られて育児に参加したくなくなる原因の一つとなることでしょう。


その点、育休中なら毎日一日中触れ合えるので、最適化、あるいは奥さんとともに悩むことができます。


 


家事の主役になれる


普段どうしても奥さんから家事のやり方、結果で怒られがちな男性のみなさん、家事を自分のものにできるチャンスです。


奥さんはきっと産後で辛いので、ゆっくり寝ててもらいましょう。


寝ている間に、あらゆる家事を終わらせてしまうのです。


見えない家事?一週間も自分だけで家事をやると、そんなもの見えてきます。


ただ、問題はそもそも求める家事のクオリティが違うこと。


  


私含め、家が汚くても気にならない男性も、赤ちゃんがいるときぐらい頑張りましょう。


続けるときっと、自分でも散らかってる状態にがまんできなくなります。 


社会保険料が免除される



”産休・育休ともに休業の「開始月」から「終了前月」までが社会保険料免除となります。 日割り計算は行いません。”



なんと、日割計算は行いません。


つまり、ボーナス支給月に育休を一日でも取得するとその月の社会保険料が免除されるので、手取額が大幅アップ!


もしも育休期間を調整できるのであれば、月末に開始して、月初に終了するのが、家計的には最適。


ただ、やはり育休期間は奥さんやこどものことを優先してください。


とはいえ、一日だけでも育休取りたくなったでしょ?


仕事への意欲が湧いてくる


こどもが泣き止まない夜。


たまったままの洗い物。


散らかったおもちゃ。


あぁ、今日の昼食どうしよう、夕食は?明日の朝食は?


 


そんなとききっと思うはずです。


 


あぁ、仕事の方が、いいかも。


早く働きたい、と。


 


妻の友達に褒められる


男性の育休は、増えてきたとはいえ、まだまだ少ないようです。


産後、妻の友達がこどもの顔を見に来たりしたとき


育休中と言うと、めちゃめちゃ褒められます。 


友達だけじゃなくて、いろんなところで女性にめちゃめちゃ褒められます。


だからどうということはないですが、悪い気はしないものです。


反省点


 偉そうなことを言っておいて、私は一ヶ月しか取得できませんでした。


一ヶ月だと、大して状況は変わりません。新生児が乳児になっても、赤ちゃんは赤ちゃんのままです。


もっと長く取りたかったな〜。というのが正直なところです。


パパ休暇という二度目の育休を取れる制度もあるらしいので、妻が復職するときは、また育休取ろうかと考えています。


2020年11月29日日曜日

産後クライシスに早くも怯える

先日妻の友達が我が家に遊びに来ました。


 


妙齢の独身、独身20代、1歳の子持ち、妊娠3か月という


 


なんともバラエティに富んだ女性たちでした。(女性5人に囲まれ、私は肩身が狭い)


 


そのうち、1歳の子持ち女性は、最近離婚の危機があったそうなのです。


 


離婚の危機の原因となったことこそ


 


産後クライシス!!


 


なんておどろおどろしくて、恐ろしい名称なのでしょうか。


ricon-pro.com


 


要は、産後に子供が第一大切になったところに



  • なんで夫が子育てに協力的じゃないんだ

  • どうして私ばっかり

  • こどもはかわいいばかりじゃない!


といったことが積もり積もって、産後うつみたいになることのようですね。


 


その人の不満で、もっとも大きかったものは


 


奥さんが里帰り中に


 


旦那さんが飲みに行って遊びほうけていたこと!


 


え、だめなの?里帰り中だからいいじゃん。。


 


思わず口に出してしまい、私は女性5人からフルボッコでした。


 


産後クライシス中は、本気で夫をコロそうかと思うほどらしいです。


 


うちの夫婦は、里帰り出産をする予定がないので、私が飲みに行き過ぎて


 


産後クライシスを引き起こすことは避けられそうですが


 


産後1か月は私も育休を取得予定なので


 


こいつ一緒にいる意味ねぇな、、、なんて妻に思われてしまったら


 


どうなるかわかりません。恐ろしい。


 


どうか、産後クライシスになりませんように。。。


 


違う!そんな他人頼みじゃだめだ!


 


妻を愛し、子を愛し、それを言葉にして行動にするのだ。


 


具体策なし。笑


 










にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村




プレパパランキング



妻が妊娠中のストレス解消方法

妻が妊娠すると、今までの生活とはガラっと変わります。


 


それはもちろんいい意味での変化もありますが


 


これまで普通にできていたこと、やってよかったことをできなくなるということでもあります。


 


それにより、日々の生活でも少しずつ夫婦ともどもストレスが溜まっていきます。


 


私の場合は、なんだかんだ言っても、そのストレスの解消方法は今までと変わりません。


 


お酒を飲んだり、ジョギングしたり、趣味の管楽器を演奏したり、お酒を飲んだり。


 


頻度や1回あたりの時間は少なくなっても、これまで通りです。


 


しかし、妊娠中の妻の場合はそうはいきません。


 


妊娠前の私の妻のストレス解消法は、主に


・お酒(嗜む程度) ・ドライブ ・買い物 ・楽器


でした。


 


それが、妊娠すると


・お酒→たまに3%のチューハイ1缶程度に制限


 


 


www.otoko-no-ikuji.fun


 




 


・ドライブ→長時間同じ体勢でいることはつらいらしく、以前ほどいろんなところにはいけなくなる。


 


・買い物→私たちが住んでいる地域では、買い物に車が必須。運転がつらいので、思うように買い物に行けず。それ以上に、出産・育児に向けたベビー用品等で出費がかさむので、日ごろの買い物は家計的に控えざるをえない。


 


・楽器→妻も管楽器が趣味だったのですが、妊娠してからは、演奏団体も休団。演奏自体も妊娠中は控えたほうがいいらしく(腹圧がかかるからかな?)、こちらも全然できない。


 


と、ほぼほぼすべてできなくなっています。


 


一方で、私だけあれこれ(ジョギングや楽器演奏ぐらいですが)やることも気に障るらしく、夫婦ともどもストレスの解消法がわからなくなってきました。


 


妻が仕事を継続しているうちはまだよかったのですが、仕事も休みだすと、


家で暇な時間はあるがやることがない、という状態でますますイライラする模様。


 


ひたすらインスタを見て、行きたいカフェや食べたいものなどを探しているようです。


 


私にできることは、それを一緒に見て、「いいね~、行きたいね~」って共感することぐらいです。


 


インスタで、赤ちゃんの投稿を見て、「あ~かわいい、早く産まれてこないかな~」と


いうのが一番ストレス軽減になっているかもしれません。


 


わが子が産まれてくることを楽しみに待つこと、より楽しみになるようなことを探すこと。


 


それが、一番のストレス解消法みたいです。


 


そして、その時に夫ができることは、


それに共感すること。


自分も楽しみなことを妻に伝えること。


それだけかもしれません。


 










にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村




プレパパランキング



妻の機嫌を損ねないために気を付けていること

妊娠中に限らず、妻の機嫌というのは夫婦関係を円滑にするための


 


最重要事項です。笑


 


そのため、私は家庭内では、妻の機嫌を損ねないためにほとんどの気力を使っています。


 


お酒を飲みすぎない。


これは、最低限の事項ですが、「飲みすぎ」の定義が夫婦で違うので、ちょいちょい失敗します。


言われる前に家事をする。


言われてから家事をやるようでは、手伝っているとは言えません。


今何が必要なのか、自分で考えるようにしましょう。


妻が今してほしいことを察する。


妻は、言葉で明確に伝えることよりも、察してもらうことを欲します。


何が食べたい、何をとってほしい、それらをすべて察することが必要です。(理不尽)


 


結局のところ、妻の機嫌は妻の気分しだいということです。笑


 


因果関係が不明なことがほとんどで、夫としては対策のしようがありません。


 


今朝も突然妻が不機嫌になっていました。


 


妻の機嫌がいいときに、「妊娠中でお腹が張って苦しい時は、機嫌が悪くなるから


 


そっとしといて、」と言われているのであまり気にはしませんが


 


それでもやはり居心地が悪くて早めに出勤してしまいました。


 


反省。反省。。反省。。。


 


機嫌が悪いときことそ、そっと家事を済ませてから家を出るべきでした。


上の方で書いた、機嫌を損ねないように気を付けていることを全然できていません。。。 


 


結局こういうところに、私が思う理想の夫になれないところなんでしょうかね~。


 


いや、すでに損ねてしまった場合はしょうがないのか?? 


 


理想にとらわれすぎるのもよくないらしいですがね。。


 


あ~、家に帰ったら機嫌直ってないかな~。










にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村




プレパパランキング



妻が妊娠するまで知らなかったこと②

前回に引き続き


 


 


www.otoko-no-ikuji.fun


 


妻が妊娠するまで知らなかったことです。


 まず、妊娠してからのアルコールやカフェインは、飲まないに越したことはないけど


 


何がなんでも絶対にNG!というわけではないことです。


 


でも基本的にはNGです。というかNGです。


 


NGじゃないというのは、安定期に入って以降、かつ一日に少量の場合です。


 


安定期に入るまでは絶対にやめましょう。


 


そして、妻がやめている間は、一緒に禁酒しましょう!


 


私は、毎日の晩酌も妻に付き合ってやめていました。


 


それまでは毎日けっこうな量を飲んでいたにも関わらずです。


 


独身の間は、ほぼ毎日記憶がなくなるまで飲んでいました。二日酔いは当たり前という状況でした。


 


でも、やめればやめられるんですね。健康のためにもなって一石二鳥です。


 


とはいえ、この期間が一番きつかったかな~。


 


自分もストレスが溜まりますが、妻もお酒は弱くて少量ですが毎日晩酌していたので


 


この期間とてもストレスフルでした。


 


ところが、安定に入ると、少しぐらいは飲んでもいいらしいです。



妊娠中の飲酒が胎児に与える影響と妊婦さんとお酒の付き合い方



 でも日本産婦人科医会の記事を見ると、だめっぽいですね。笑



  10.妊娠中の飲酒について – 日本産婦人科医会



 


で、結局周りの妊婦、元妊婦の方々の話を聞くと、少しぐらいはたまに飲んでもよし!


 


ということで、一日に3%のチューハイ1缶だけ飲んでいます。


 


一応妻も医療従事者なので、むちゃくちゃなことをしているわけではないと思うのですが


私たちにとっては初めての経験なので、私はむちゃくちゃ心配です。


 


でも妻の機嫌とかいろいろ考えると、1杯だけだよ、ということで一緒に晩酌を楽しんでいます。


私は2杯3杯と飲んでしまうこともあるかな、、怒られます。笑


 


私の妻にとって、アルコール以上に禁止するのが大変そうだったのが、コーヒー(カフェイン)です。


 


妊娠発覚前、私たち夫婦は、毎日コーヒーを相当量消費していました。何せ眠い。笑


 


ということで、おいしいカフェインレスコーヒーをいろいろ試してみた結果


これが一番おいしかったです。


www.izumiyacoffee.com


カフェインありのものと、このカフェインレスコーヒーを飲み比べても


一体どっちがどっちかわからないぐらいおいしいですよ。


 


まぁ、結局安定期にはいるとカフェイン解禁しちゃうんですけどね。何せ眠い。笑


 


妊娠中のカフェインのリスクは、胎児が小さく育っちゃうということらしいので


 


検診で成長具合をしっかり確認しながらでした。


 


アルコールにしても、カフェインにしても、やっぱり検診での成長具合を


確認しながらですね。


 


心配なことに変わりはありません。


 


きっぱりやめられるかたはやめたほうがいいと思います。


 


でも、どうしても、というときに罪悪感とストレスを抱えながら飲むくらいなら


 


少しなら、大丈夫、って思って飲んだ方が、お腹のこどもにも、夫婦関係にも


 


いいんじゃないかな。と思ってうちでは飲んでいました。


 


自分の体ではないので、夫としては、やめてほしいけど、強く反対も、う~ん。


ということ感じでした。


 


もしも何かあっても、それで妻のことを責めることはしない。という気持ちだけは持つようにしていました。


 


最後は夫婦責任ですよね。妊娠中のアルコールとカフェインを推奨しているわけではありませんよ。










にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村




プレパパランキング



妻が妊娠するまで知らなかったこと

月並みですが、妻が妊娠するまで知らなかったことについて書きたいと思います。


 


ます、そもそも妊娠がわかるのは、妊娠一か月目じゃないこと。笑


 


生理とかですぐわかるのかと思っていたけど、2か月3か月かかるんですね~。


 


さらにそれから、確定するまで1か月ぐらい。赤ちゃんの心拍が確認できるまで


 


心配な時期が続きます。


 


心拍が確認できても、安定期に入るまでは、妻も夫も一番つらい時期なのではないでしょうか。


 


この時期に何がつらい、つらそうなのかというと、やはり「つわり」でしょう。


 


つわりに関する事前情報で、


 


・食べられるものが固定される。


・一日中動けない


・はきづわり、たべづわり、   etc


 


などなどありますが、そんなにないだろう、みんな乗り越えてることだし


なんて私は思っていました。


 


でも、事前情報って、本当に本当でした。笑


 


そしてこの間、妻のサポートを何かできるかというと、結局何もできない。


 


家事や、料理の準備、妻が食べられるものを用意、とか月並みなことは一通りできますが


 


結局何をやってもつわりは治まりません。


 


ある雑誌につわりはずっと二日酔いが続くようなものと書いていましたが


 


そう思って接していました。


 


私はよく経験がありますが、二日酔いのときって、なにかしてもらってもあんまり解決しませんよね。


 


二日酔いはどんなにひどくてもせいぜい2日3日で治まりますが、つわりはそれが数か月。。。


 


男の想像を絶しています。


 


寄り添うことしかできません。


 


しかし、物理的に寄り添うと、「体臭がムリ」なんて言われてしましますので注意!


そんなこと言われても怒っちゃだめです。


妻は毎日苦手なものが変わるタイプだったようなので、しょうがないのです。


 


寄り添うことと、受け入れることしかできません。


 


つづく


 










にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村




プレパパランキング



妻じゃなくて私が決めたこと

右も左もわからない妊娠初期から、すこしずつ勉強してきたものの


出産に向けたあれこれの準備をなんでも決めるのは妻でした。


 


しかし、妻から「よくわかんないから決めといて~」と言われて


私が決めたことが、3つあるんです。それは、、、


 


・抱っこ紐


・チャイルドシート


・ベビーカー


 


この3つは、いろんな種類や機能がいっぱいあって、意外と男心をくすぐるんです。


 


ということで、何を決めたから、どうやって決めたか、近々書きたいと思います。


 


 


www.otoko-no-ikuji.fun


 


 


www.otoko-no-ikuji.fun


 


 










にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村




プレパパランキング



2020年11月28日土曜日

育休生活7日目〜嫉妬の炎〜

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

長女の、次女への嫉妬が再燃しています。


 


そこそこ収まってきて、妹としてかわいがってくれている感じだったのですが


たまに嫉妬の炎が燃え上がるようです。


 


次女の顔をひっかいたり、頭を叩いたり、踏みつけようとしています。


 


できるだけ、そうできないように、ベビーベッドに寝かせたり、ニューボーンセットに座らせたりしているのですが






 


 やはり長女の嫉妬心が燃え上がるのは、私や妻が次女を抱っこしたり、ミルクをあげたりしているときのようで、結構無防備な状態のときが多いです。


 


私や妻がそのまま防げばいいのですが、ミルクをあげていたりすると、うまいこと行かずヒヤヒヤすることも多くなってしまっています。。。


 


乙女心は難しい。。。


2020年11月27日金曜日

育休生活6日目〜次女、トリップトラップ ニューボーンセット デビュー〜

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

長女のときは、うまれてまもなくから大活躍していたストッケのトリップトラップ ニューボーンセットに、ついに次女もデビューしました!

 


 


次女は、長女よりも、小さく生まれたので、さすがにニューボーンセットもでかすぎるようにみえる、、、ということで、しばらく使っていませんでした。


 


 


ここ数日、次女も大きくなってきたな〜、いけるかな?という感じだったので、座らせてみました。


 


使ってみてよかったこと


のせやすい


床に寝かせるときや、ベビーベッドに寝かせるときに比べて、高さがちょうどいいので、私や妻の腰や腕への負担が小さいです。


毎日なんどもあることなので、地味に効いてきます。


 


長女との距離感


ジェラシーに狂う時期を乗り越え、少しずつ妹をかわいがってくれるようになった長女です。


しかし、次女を床に寝せていると、たまにうっかり踏みつけそうになったり、嫉妬に狂ってたたいてるし、ベビーベッドに寝かせると、全然届かないからかわいがれないし、でした。


ところが、トリップトラップニューボーンセットなら、ふみつける心配はないし、頭や顔には手が届かない、でも近づいて触れる絶妙な距離感です。


こころなしか、かわいがってくれる頻度が上がったように感じます。


 


食事のときもみんな一緒


長女のときと思いましたが、食卓を家族みんなで囲むというのは幸せなものです。


次女は、もちろんなにも食べられませんが別の部屋や、ベビーベッドに寝せているよりも、家族団らんって感じがします。


食事の途中で泣き出したときの対応も、近くにいるのでやりやすいです。


 


便秘知らず


これも長女のときと同様です。


なぜでしょう、角度がいいんでしょうか笑


ということで洗い替えようにカバーは必須でしょう。



 


デメリット


うーん、今のところは特にないですね、、、


2020年11月24日火曜日

育休生活5日目〜イヤイヤ対策で試した5つの方法〜

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

もう育休も何日目だかよくわかりません。笑

ちょうど、下の子が生まれるくらいに、上の子のイヤイヤ期がはじまりました。

イヤイヤ期は、自我が芽生えて、というか自我が発出して?

意思表示をしているらしいのですが

下の子のこともあるし、けっこう大変でした。

最近ようやく少しわかってきたので、イヤイヤ期対策にやってみたことと、結果をまとめます。




とにかく押さえつける


最初の頃は、とにかくだめ!やりなさい!という感じでイヤイヤに対処していました。

結果、最悪でした。むりやりやらせたことは、その後絶対にやりたくない感じになっています。

機嫌も悪くなるし、最悪です。

歯磨きなんかは、未だにむりやりにでもやっているので

めちゃくちゃいやがります。





嫌なことはさせない


むりやりの真逆ですね。笑

イヤイヤといったら、そっかー。わかったー。と言ってやめてみました。

その後、ほとぼりが冷めた頃にまたやってみて、イヤイヤと言われたら、あきらめる。を繰り返してみました。

結果、何も解決しませんでした。

ずっとイヤイヤなまま!笑

なんど一日中パジャマになってしまったことか!





他の提案をしてみる。


例えば、朝から着替えがイヤイヤなら、じゃあ先に歯磨き、とかそんな感じです。

結果は、結局着替えのタイミングでイヤイヤになって、先に進まなくなりました。笑





選択させてみる。


イヤイヤになってからの提案では遅かったので、着替えと歯磨きどっちがいい?みたいな感じで、こどもに選ばせて、イヤイヤを回避しようとしました。

結果は、どちらもイヤイヤでだめでした笑





じっと待つ。


我が家のイヤイヤ対策は、現状これです。

私「着替えるよー。」

娘「イヤイヤー」

私「着替えるまで何もできないよー」

娘「イヤイヤー!抱っこーー!抱っこーーー!!」

私「、、、(かわいそうだがじっとがまん。)」

娘「しくしく(一通り泣いたあとに着替える)。」

今は育休中だから、じっと待ててるけど、仕事はじまったらそんな時間あるかな、、とは思いますが、実際は他のどの方法よりも早く解決しています。

心配なのは、精神的な余裕の問題ですね。





まとめ


早くイヤイヤ期終わってほしい、、、。




2020年11月23日月曜日

育休生活4日目〜誤算〜

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

今日から、なんとなくサブタイトルをつけることにしました。


 


何が誤算なのか


 


我が家では、ママじゃないとだめ、パパじゃないとだめ、とならないように


 


できるだけ長女が生まれてから、なんでも二人でやるようにしていました。


 


授乳、おむつ替え、沐浴にはじまり


 


一歳を超えてからも、ごはんや寝かしつけなど、できるかぎり妻と私二人でやるようにしていました。


 


その結果、、なんでも妻と私のふたりがいないと、長女に対してが、うまくいかないようになってしまったのです。


 


困ったこと


長女だけのときはよかったのですが、次女がうまれてからは


 


なんでも妻と二人で長女に対応できるわけでもなくなりました。


 


何をしてても、妻がいないと、「ママ??」


私がいないと、「パパ??」


 


次女のミルクや、おむつ替えのタイミングとかぶると最悪です。。。


 


 


2020年11月15日日曜日

育休生活2日目

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

育休生活を始めて、初めての週末を迎えました。


 


平日は、上の子が保育園に行っていたのですが


週末は家にいます。新生児と、1歳半すぎ(イヤイヤ期っぽい)と、妻と私。


下の子が生まれてからは、妻のお母さんに来てもらっていたので、4人だけで過ごす初めての週末です。



 


今日よかったこと


今日のお昼ごはんは、私が担当したのですが、上の子がたくさん食べてくれました。


最近、イヤイヤ期なのか、いろんなものをいやいや!という上の子、食事はその最たるもので、毎日頭を悩ませていただけに、非常にうれしかったです。


 レシピメモ


あまりの嬉しさに、忘れないよう、その際のレシピメモを書いておこうと思います。


メニューは、パエリア的なやつです。



  1. フライパンで玉ねぎのみじん切りを炒める。

  2. なんとなく玉ねぎがいい感じになってきたら、フライパンに、お米とバターを入れて炒める。

  3. フライパンに野菜ジュースと、コンソメ顆粒を入れてご飯を炊く(煮込む?)。

  4. 適当な野菜(今日はブロッコリーとパプリカ)と、魚(冷凍庫に入ってた鰆を使った。)をなんとなくレンチンし、ある程度火を通して、フランパンに入れて、蒸しているような、煮込んでいるような感じにする。

  5. 水分がなくなるまで、煮詰める。

  6. それっぽくなったら、ぐちゃっと全部混ぜてしまう。


今日楽しかったこと


上の子が新しい?手遊び歌とダンスを披露してくれました。


コミカルで斬新な感じです。 


今日きつかったこと


私もやっているとはいえ、夜間の授乳のタイミングの関係で、朝から妻がきつそうでした。


そうなると、妻は下の子にかかりっきりになってしまいます。上の子はそれがジェラシーなのか、機嫌が悪く、とうとう下の子を叩いてしまいました。


それを見ていた妻は、上の子をきつく叱り。。。


これは、よくないスパイラルではないのか?


みんな冷静になって、私が、上の子と、妻とにゆっくり話すと、最終的には上の子も下の子を「よしよし、」としてくれていましたが、まだまだジェラシーは続きそうです。


 


今日の気づき・反省


保育園が休みだからと、朝ごはんの時間が遅くなると、朝のおやつ、昼食のタイミングまで遅くなり、生活のリズムがぐちゃぐちゃになる。


眠くても朝はちゃんと起きよう!


 


朝ごはんをちゃんと食べないと、朝のおやつの量が増え、その結果、昼食をあまり食べられず、さらに昼のおやつが増え、夕食が、、、という負のスパイラルに陥るので気をつけよう。


 


上の子の、下の子へのジェラシー(ママ争奪戦)において、夫ができることって、なに?


なんか遊びに誘って解決しても、根本的に解決してない気がする。。。


そんなもんなんでしょうか? 


 


 




2020年11月14日土曜日

育休生活1日目

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

いよいよ育休生活が始まりました。


 


今までもそれなりに家事、育児はしているつもりでしたが


 


やはり、一日中家にいると、なんとなく違いますね。


 


気づいたこと、反省点、などなど毎日まとめていきたいと思います。



 


今日よかったこと


妻には、今日はほとんど家事をさせずにすみました。


さらに、日中も妻の一人時間を確保することができました。


下の子のミルクを(妻よりも)上手にしっかり飲ませることができました。


最近お風呂を嫌がる上の子を、私ひとりでお風呂に入れることができました。


保険の見直し等将来のお金のことを、夫婦で話し合うことができました。


 


今日楽しかったこと


上の子(1歳半ぐらい)が最近、私が童謡などを歌うと、一緒に歌い出すのですが


曲のレパートリーが増えました。さらに、今日は、ダンスを踊りながらの歌もできるようになっていました。(親ばか)


 


今日きつかったこと


私が作った夕食を、ほとんど上の子は食べませんでした。私以外(妻や、妻のおかあさんなど)が作った夕食も、最近は残すことが多いのですが、やはり責任を感じてしまいます。


これが、毎日か。。。


ちなみに、妻もあまり箸がすすんでいなかったので、単純にあまりおいしくなかったのかもしれません。


私はそこそこおいしくできたと思ったんですが。。。


今日の気づき・反省


平日で、上の子が保育園に行っているときであれば、我が家の毎日やる家事ルーティーン(掃除機、風呂掃除、洗濯)は、午前中に終わらせることができる。


下の子の沐浴まで午前中に終わらせると、楽。


もしも、上の子が熱をだして保育園から早く帰ってきた場合も考えると、午前中の終わらせることは大事。


 


夕食のメニューは、あらかじめ考えておかないと、準備に早く着手できない。


早く着手しないと、保育園のお迎えの時間になり、上の子が帰ってくると、夕食の準備どころではなくなる。

2020年11月11日水曜日

育休生活0日目

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

2人目のこどもが生まれてからは、妻のおかあさんに来てもらい、家事育児を手伝ってもらっていました。その間、私は普通に仕事していました。


 


しかし、ついに来ました、このときが。


 


おかあさんもそう長くは来れないということで、私と完全バトンタッチです。


 


そう、念願の育休を取得することになっています。


 


1人目のときも、育休を取りたかったのですが、経済的な事情で諦めていました。


 


しかし、今回はあらかじめ育休取得に向けて家計的にも準備していました。


 


と、いってもたった1ヶ月なんですが。。。


 


今どき男性の育休なんて珍しくもなんともないですが


 


一応私の務める会社では、男性社員初だそうです。


 


なんて、遅れているんだ!と思った割には、周りの方々は、快く休ませてくれました。


 


その間のフォロー体制なんかもしっかり組んでくれているようです。


 


やはり、本当はみんな育休とか取りたかったけど、なんとなく取りにくかった、などがあったのでしょうか。


 


私が育休をとることで、うちの会社の後輩たちももっと取りやすく感じてもらえたらいいなと思います。


 


まぁ、1ヶ月しか取得していない私がいうほどのことではないですが。笑


 


ということで、育休生活は、緊張もしていますが、楽しみかな〜。


2020年11月2日月曜日

育休生活3日目

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

 


土日なんで、だいたい昨日と一緒なんですが、一つだけ言わせてください。


 


産後は、妻が大変だということも、身体がきついということも


 


重々承知ですが、一つだけ言わせてください。


 


妻も、長女も、晩ご飯できたよ〜って言ってるのに、全然起きて来やしねぇ!!いつまで寝てんだよ!


 


 


私は小さい男です。


 


今日よかったこと


今日の晩ごはんも、上の子はよく食べてくれました。


レシピメモ


その際のレシピメモを書いておくことにしました(昨日から)。


メニューは、ささみチーズかつ的なやつです。



  1. ささみを、一口サイズに切る。

  2. それに切り込みを入れて、観音開き的な感じにする。

  3. スライスチーズを適当に千切って挟み、少し塩を振る。

  4. 小麦粉、卵、パン粉をつける。

  5. いい感じに揚げ焼きする。

  6. ウスターソースをちょっとずつかける。


ポイントは、ウスターソース!笑 たくさんかけると、ウスターソースだけぺろぺろするかもしれないんで、事前にちょっとだけかけて、食卓に出すと良い?


今日楽しかったこと


下の子にミルクをあげているときに、微笑んでくれました。


下の子にミルクをあげているときに、上の子がガーゼを用意してくれました。


今日きつかったこと


深夜のミルクのタイミングが、ずれにずれて、(娘がなかなか寝ない、ミルクを飲まない、、)私も妻も寝不足でした。


いっそ、割り切ってどちらかだけで頑張ったほうがいいのか!?


今日の気づき・反省


朝は、ちゃんと起きよう!と思っても、意外と起きられないもの。


それは、大人もこどもも一緒。 


 


上のこと、下の子は、生まれたときの顔は全然違いましたが、(体重も約1kg違う)


 


最近、ちょっと似てきたように思います。


 


お、上の子もちっちゃいときはこんな表情してたな、動きしてたな、とか。 


そのことを妻に言ってみると、


 


「赤ちゃんってだいたいそうじゃない?」


 


妻との何気ない雑談のほうが、子育てよりよほど難しいかもしれませんね。 


2018年4月17日火曜日

ブログを始めた理由

男性向けの育児情報って少なすぎない?


 


やっとわかった妻の妊娠。すべてが初めての経験。


 


つわり。食べていいもの。だめなもの。自分の体じゃないからさっぱりわからない。


互いの両親への報告。職場への報告。だれにどのタイミングでなんと伝えれば?


ようやく安定期に入って落ち着いたものの出産準備品ってなに?


 


などなど、実はもうすぐ臨月になるのですが、相変わらずわからないことばかり。


 


と思っていたら、そういえば妻はやたら詳しかった!最初から!!


 


少し振り返ってみると、


 


男性向けの育児情報って、少なすぎない!?


男性同士での情報交換は、女性同士の情報交換に比べて全然頼りない!


私の周りの男性が前時代的なだけでしょうか?


 


いいえ、ネットも書籍も出産育児情報は、ほとんど女性向けなのです。


 


ということで、これまででわかってきたことや、これからわかったことなどを


少しずつ、少しずつ、書いていこう!というブログです。


 


職場での調整もうまくいって、育休も取れることになったし


理想の夫・父・男を目指して楽しみながらがんばろう!


 


twitterもやってます。


 


ご連絡はtwitterで!


 










にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村




プレパパランキング