ラベル 育児 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 育児 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年11月28日土曜日

育休生活7日目〜嫉妬の炎〜

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

長女の、次女への嫉妬が再燃しています。


 


そこそこ収まってきて、妹としてかわいがってくれている感じだったのですが


たまに嫉妬の炎が燃え上がるようです。


 


次女の顔をひっかいたり、頭を叩いたり、踏みつけようとしています。


 


できるだけ、そうできないように、ベビーベッドに寝かせたり、ニューボーンセットに座らせたりしているのですが






 


 やはり長女の嫉妬心が燃え上がるのは、私や妻が次女を抱っこしたり、ミルクをあげたりしているときのようで、結構無防備な状態のときが多いです。


 


私や妻がそのまま防げばいいのですが、ミルクをあげていたりすると、うまいこと行かずヒヤヒヤすることも多くなってしまっています。。。


 


乙女心は難しい。。。


2人目の出産準備および誕生時における反省

先日、めでたく2人目が誕生しました。


 


おかげさまで、母子ともに健康です。


 


一人目のときも立ち会ったし、それなりに慣れているはずなので


 


二人目は余裕〜、と思っていたら、思っていたのと違いました。

 


 


ほとんどのことを忘れている。


必要なものってなんだったっけ?


二人目の出産に向けて、準備を妻とともに進めていました。


 


肌着とかはこれとこれがいる、とかボディーソープはどうしよう、とか


 


そもそも一人目のときとは季節がちがうけど、種類あるんだっけ?とか


 


このチャイルドシートのこのモードは何ヶ月から使えるんだっけ?とか


 


この抱っこひもは、何ヶ月から使えるんだっけ、とか。


 


さらには、陣痛バッグって、何いれるんだっけ?だれがどのタイミングで持っていくんだっけ?とか。


 


 


どうやってたんだっけ?


ものに関する知識は、時間がたつと忘れることもあるかもしれませんが


 


新生児のオムツ替えの仕方、沐浴の仕方、ミルクのあげかた、どれも一人目のときからやっていたはずなのに


ほぼ覚えておらず、めちゃめちゃ戸惑いました。


 


知識は忘れても、体が覚えているかな〜と甘く考えていましたが


 


そんなことなく、しっかり事前に思い出す、確認することが必要たと感じました。


こどもはどんどん大きくなるし、一人目が大きくなるのも振り返ればあっという間でした。


生まれたときって、どうだったっけ?という感じです。


 


ブログを書いていてよかった、と思う瞬間でした。


いろんな人に読んでもらうのもいいですが、


 


未来の自分への財産とするべく、まずは自分で読みたいことを書かないとね。




2020年11月27日金曜日

育休生活6日目〜次女、トリップトラップ ニューボーンセット デビュー〜

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

長女のときは、うまれてまもなくから大活躍していたストッケのトリップトラップ ニューボーンセットに、ついに次女もデビューしました!

 


 


次女は、長女よりも、小さく生まれたので、さすがにニューボーンセットもでかすぎるようにみえる、、、ということで、しばらく使っていませんでした。


 


 


ここ数日、次女も大きくなってきたな〜、いけるかな?という感じだったので、座らせてみました。


 


使ってみてよかったこと


のせやすい


床に寝かせるときや、ベビーベッドに寝かせるときに比べて、高さがちょうどいいので、私や妻の腰や腕への負担が小さいです。


毎日なんどもあることなので、地味に効いてきます。


 


長女との距離感


ジェラシーに狂う時期を乗り越え、少しずつ妹をかわいがってくれるようになった長女です。


しかし、次女を床に寝せていると、たまにうっかり踏みつけそうになったり、嫉妬に狂ってたたいてるし、ベビーベッドに寝かせると、全然届かないからかわいがれないし、でした。


ところが、トリップトラップニューボーンセットなら、ふみつける心配はないし、頭や顔には手が届かない、でも近づいて触れる絶妙な距離感です。


こころなしか、かわいがってくれる頻度が上がったように感じます。


 


食事のときもみんな一緒


長女のときと思いましたが、食卓を家族みんなで囲むというのは幸せなものです。


次女は、もちろんなにも食べられませんが別の部屋や、ベビーベッドに寝せているよりも、家族団らんって感じがします。


食事の途中で泣き出したときの対応も、近くにいるのでやりやすいです。


 


便秘知らず


これも長女のときと同様です。


なぜでしょう、角度がいいんでしょうか笑


ということで洗い替えようにカバーは必須でしょう。



 


デメリット


うーん、今のところは特にないですね、、、


2020年11月24日火曜日

育休生活5日目〜イヤイヤ対策で試した5つの方法〜

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

もう育休も何日目だかよくわかりません。笑

ちょうど、下の子が生まれるくらいに、上の子のイヤイヤ期がはじまりました。

イヤイヤ期は、自我が芽生えて、というか自我が発出して?

意思表示をしているらしいのですが

下の子のこともあるし、けっこう大変でした。

最近ようやく少しわかってきたので、イヤイヤ期対策にやってみたことと、結果をまとめます。




とにかく押さえつける


最初の頃は、とにかくだめ!やりなさい!という感じでイヤイヤに対処していました。

結果、最悪でした。むりやりやらせたことは、その後絶対にやりたくない感じになっています。

機嫌も悪くなるし、最悪です。

歯磨きなんかは、未だにむりやりにでもやっているので

めちゃくちゃいやがります。





嫌なことはさせない


むりやりの真逆ですね。笑

イヤイヤといったら、そっかー。わかったー。と言ってやめてみました。

その後、ほとぼりが冷めた頃にまたやってみて、イヤイヤと言われたら、あきらめる。を繰り返してみました。

結果、何も解決しませんでした。

ずっとイヤイヤなまま!笑

なんど一日中パジャマになってしまったことか!





他の提案をしてみる。


例えば、朝から着替えがイヤイヤなら、じゃあ先に歯磨き、とかそんな感じです。

結果は、結局着替えのタイミングでイヤイヤになって、先に進まなくなりました。笑





選択させてみる。


イヤイヤになってからの提案では遅かったので、着替えと歯磨きどっちがいい?みたいな感じで、こどもに選ばせて、イヤイヤを回避しようとしました。

結果は、どちらもイヤイヤでだめでした笑





じっと待つ。


我が家のイヤイヤ対策は、現状これです。

私「着替えるよー。」

娘「イヤイヤー」

私「着替えるまで何もできないよー」

娘「イヤイヤー!抱っこーー!抱っこーーー!!」

私「、、、(かわいそうだがじっとがまん。)」

娘「しくしく(一通り泣いたあとに着替える)。」

今は育休中だから、じっと待ててるけど、仕事はじまったらそんな時間あるかな、、とは思いますが、実際は他のどの方法よりも早く解決しています。

心配なのは、精神的な余裕の問題ですね。





まとめ


早くイヤイヤ期終わってほしい、、、。




2020年11月23日月曜日

育休生活4日目〜誤算〜

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

今日から、なんとなくサブタイトルをつけることにしました。


 


何が誤算なのか


 


我が家では、ママじゃないとだめ、パパじゃないとだめ、とならないように


 


できるだけ長女が生まれてから、なんでも二人でやるようにしていました。


 


授乳、おむつ替え、沐浴にはじまり


 


一歳を超えてからも、ごはんや寝かしつけなど、できるかぎり妻と私二人でやるようにしていました。


 


その結果、、なんでも妻と私のふたりがいないと、長女に対してが、うまくいかないようになってしまったのです。


 


困ったこと


長女だけのときはよかったのですが、次女がうまれてからは


 


なんでも妻と二人で長女に対応できるわけでもなくなりました。


 


何をしてても、妻がいないと、「ママ??」


私がいないと、「パパ??」


 


次女のミルクや、おむつ替えのタイミングとかぶると最悪です。。。


 


 


2020年11月19日木曜日

1歳になるまでに、買ってよかったもの、買って後悔したもの

私、じゃなくて、もうすぐ娘が1歳になるので、これまでに買ってよかったものと、買わなければよかったと後悔したものについてまとめたいと思います。


 


思い出すままに書いているので特に順位付けはしてませんが 上のほうが思い出すのが早いので、より強く思っている傾向があります。 


 


買ってよかったもの


joie トラベルシステム



うちの娘はけっこう大きいので、だいぶ早くに卒業しちゃいましたが、 生まれてすぐから使えて 娘も座り心地、寝心地が良さそうでした。


他社のトラベルシステムに比べて、圧倒的に軽いのですが 卒業間近にはだいぶ重く感じるようになりました。


倍以上の重さの他社製品だと、ちょっと無理だったかな、とも思います。


お出かけしやすくなるので、妻の気分転換もできてよかったです。


ベビーカーをどのタイプにするかは、悩みどころかもしれませんね。

 


トッポンチーノ








ニューボーンセット、ベビーセットと使っています。 うまれてすぐから食卓を一緒に囲むことができて 家族団らん、って感じです。 ベビーセットもなんだかんだ、親も娘もなれてくると 離乳食をあげたり、掴み食べを練習したりとやりやすいです。 オプション品?も多くて、見た目も機能もいい感じです。 高いけど。笑

 


ストッケ ベビーキャリア



離乳食の本(離乳食カレンダー)




 うちの赤ちゃん世界一(メリー)



買って後悔したもの


洗えてたためるベビーサークル



便利っちゃ便利なんですが、いちいち畳んだり出したりするのがめんどくさくて


だんだん使わなくなりました。


また、結局娘が外に出してほしくてすぐ泣いちゃうので、ついつい可愛そうで外に出しちゃいます。笑


実家などに連れて行くときにも使えるかと思っていましたが、ただでさえ荷物は多いのに


こんなもの持って行きたくありません。笑



置くだけとおせんぼ



 ハイハイするようになって、あちこち行くようになって、危ないところに入れないようにするために購入しました。


これも、ベビーサークルと一緒で、通れなくてすぐ泣いちゃうので、結局娘が来そうなところは、危なくないようにするという手段をとることになりました。


 


まとめ


買って後悔したもの2つは、これからハイハイだけじゃなく、あるき出すようになったら


いよいよ必要かもしれませんが、今のところ、我が家の場合は、活躍の機会少なめです。


2020年11月15日日曜日

育休生活2日目

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

育休生活を始めて、初めての週末を迎えました。


 


平日は、上の子が保育園に行っていたのですが


週末は家にいます。新生児と、1歳半すぎ(イヤイヤ期っぽい)と、妻と私。


下の子が生まれてからは、妻のお母さんに来てもらっていたので、4人だけで過ごす初めての週末です。



 


今日よかったこと


今日のお昼ごはんは、私が担当したのですが、上の子がたくさん食べてくれました。


最近、イヤイヤ期なのか、いろんなものをいやいや!という上の子、食事はその最たるもので、毎日頭を悩ませていただけに、非常にうれしかったです。


 レシピメモ


あまりの嬉しさに、忘れないよう、その際のレシピメモを書いておこうと思います。


メニューは、パエリア的なやつです。



  1. フライパンで玉ねぎのみじん切りを炒める。

  2. なんとなく玉ねぎがいい感じになってきたら、フライパンに、お米とバターを入れて炒める。

  3. フライパンに野菜ジュースと、コンソメ顆粒を入れてご飯を炊く(煮込む?)。

  4. 適当な野菜(今日はブロッコリーとパプリカ)と、魚(冷凍庫に入ってた鰆を使った。)をなんとなくレンチンし、ある程度火を通して、フランパンに入れて、蒸しているような、煮込んでいるような感じにする。

  5. 水分がなくなるまで、煮詰める。

  6. それっぽくなったら、ぐちゃっと全部混ぜてしまう。


今日楽しかったこと


上の子が新しい?手遊び歌とダンスを披露してくれました。


コミカルで斬新な感じです。 


今日きつかったこと


私もやっているとはいえ、夜間の授乳のタイミングの関係で、朝から妻がきつそうでした。


そうなると、妻は下の子にかかりっきりになってしまいます。上の子はそれがジェラシーなのか、機嫌が悪く、とうとう下の子を叩いてしまいました。


それを見ていた妻は、上の子をきつく叱り。。。


これは、よくないスパイラルではないのか?


みんな冷静になって、私が、上の子と、妻とにゆっくり話すと、最終的には上の子も下の子を「よしよし、」としてくれていましたが、まだまだジェラシーは続きそうです。


 


今日の気づき・反省


保育園が休みだからと、朝ごはんの時間が遅くなると、朝のおやつ、昼食のタイミングまで遅くなり、生活のリズムがぐちゃぐちゃになる。


眠くても朝はちゃんと起きよう!


 


朝ごはんをちゃんと食べないと、朝のおやつの量が増え、その結果、昼食をあまり食べられず、さらに昼のおやつが増え、夕食が、、、という負のスパイラルに陥るので気をつけよう。


 


上の子の、下の子へのジェラシー(ママ争奪戦)において、夫ができることって、なに?


なんか遊びに誘って解決しても、根本的に解決してない気がする。。。


そんなもんなんでしょうか? 


 


 




2020年11月14日土曜日

育休生活1日目

event_note editBy itthiatthi forumNo comments

いよいよ育休生活が始まりました。


 


今までもそれなりに家事、育児はしているつもりでしたが


 


やはり、一日中家にいると、なんとなく違いますね。


 


気づいたこと、反省点、などなど毎日まとめていきたいと思います。



 


今日よかったこと


妻には、今日はほとんど家事をさせずにすみました。


さらに、日中も妻の一人時間を確保することができました。


下の子のミルクを(妻よりも)上手にしっかり飲ませることができました。


最近お風呂を嫌がる上の子を、私ひとりでお風呂に入れることができました。


保険の見直し等将来のお金のことを、夫婦で話し合うことができました。


 


今日楽しかったこと


上の子(1歳半ぐらい)が最近、私が童謡などを歌うと、一緒に歌い出すのですが


曲のレパートリーが増えました。さらに、今日は、ダンスを踊りながらの歌もできるようになっていました。(親ばか)


 


今日きつかったこと


私が作った夕食を、ほとんど上の子は食べませんでした。私以外(妻や、妻のおかあさんなど)が作った夕食も、最近は残すことが多いのですが、やはり責任を感じてしまいます。


これが、毎日か。。。


ちなみに、妻もあまり箸がすすんでいなかったので、単純にあまりおいしくなかったのかもしれません。


私はそこそこおいしくできたと思ったんですが。。。


今日の気づき・反省


平日で、上の子が保育園に行っているときであれば、我が家の毎日やる家事ルーティーン(掃除機、風呂掃除、洗濯)は、午前中に終わらせることができる。


下の子の沐浴まで午前中に終わらせると、楽。


もしも、上の子が熱をだして保育園から早く帰ってきた場合も考えると、午前中の終わらせることは大事。


 


夕食のメニューは、あらかじめ考えておかないと、準備に早く着手できない。


早く着手しないと、保育園のお迎えの時間になり、上の子が帰ってくると、夕食の準備どころではなくなる。

joie のエアトラベルシステムを一か月ぐらい使ってみた感想

我が家では、チャイルドシートとベビーカーにjoie(ジョイー)の


 


トラベルシステム エアを使っています。


 



一か月ほど使ってみての感想を、備忘録代わりに書きたいと思います。



買う前に一番気にしていた点は、重さでした。


 


まだそんなに毎日は車で外出していないのですが、そこそこ重いな、とは思っています。


 


でも、車からチャイルドシートを外して、そのまま持って歩く距離なんてほとんどないので


 


なんとかなりそうです。


 


5kg以上あるやつだと、やっぱりきつかったかも。


 


これから、娘が倍以上の体重になるまで大丈夫だろうか、という不安はあります。


 


それを超える便利さも確かに感じています。


 


まだチャイルドシートどころか、


 


娘を抱っこすることすら慣れていないとき(退院のときとか!)も


 


室内でチャイルドシートに座らせて、車に連れて行くことができるので安心でした。


 


また、お宮参りのときに、お店で外食したときも



 


チャイルドシートに乗せたまま個室に連れていけて、そのままバウンサーみたに


 


座らせておくことができるので、便利だと思いました。


 


娘もずっと寝ていて、泣くこともありませんでした。


 


近所のスーパーやショッピングモールに買いものに行くときも


 


パッと車から外してそのままベビーカーにスポッと載せるだけなので


 


娘が寝ているときはそのまま連れて行ったり帰ったりできるので


 


快適でした。


 


ということで、総じて快適で便利で娘も快適そうな


 


joie トラベルシステムエアですが


 


ベビーカーは、いまいちなのかもしれません。


 


走行性、利便性など、特に特筆すべきところはありません。


 


逆に、不満も特にありません。


 


トラベルシステムとして使うと、下の荷物置きが使えないのですが


 


これはベビーカー用フックを使うと気になりません。


 



 しかし、ショッピングモールなどで、走行性のよさそうな、でかいシングルタイヤの


 


ベビーカーなんかを押している人を見かけると、ちょっとうらやましくなります。笑


 


今のところは凸凹した道をベビーカーを押して通る予定もないのでこれでいいかな。


 


私たちの住む地域は車移動ありきなので


 


今後もトラベルシステムが活躍してくれそうです。